eSIMとは?SIMカードとの違いやメリット・デメリットを解説

    当ページのリンクには広告が含まれています。
    esim-features-ic

    eSIMは従来のSIMカードとは違いスマホ本体に内蔵されており、乗り換え時のカードを差し替える手間が省けます。また契約手続きはオンラインで完結するため、早ければ1時間以内に開通できるのもメリットです。

    ただし、古いスマホではeSIMに対応していないことや、機種変更時にeSIM再発行の手数料がかかることもあるため注意が必要です。

    今回はeSIMとSIMカードの違い、それぞれのメリット・デメリットについて解説するので、eSIMへの変更を検討中の方は参考にしてください。

    eSIM
    スマホに内臓された本体一体型のSIM
    SIMカード
    スマホ本体に差し込むカード型のSIM
    SIMカードの差し替え不要
    オンラインで手続きがスムーズ
    デュアルSIMが使える
    機種変更が簡単

    古いスマホでも使える

    1回線を複数のデバイスで利用可能
    機種変更に手数料が発生する場合がある

    対応機種でなければ使えない
    申し込みから開通に時間がかかる

    カード抜き差しで紛失・破損の恐れ
    この記事はこんな人におすすめ
    • eSIMとSIMカードの違いが知りたい
    • 乗り換えを予定しているがeSIMにするか迷う
    • それぞれのメリットとデメリットを知りたい
    目次

    eSIMとSIMカードの違い

    物理的なカード型のSIMカードに対し、eSIMは端末自体に内臓された埋め込み型のSIM(=embedded SIM)です。

    スマホがeSIMに対応していない、頻繁に機種変更をするなどの理由がなければ、乗り換え手続きがスムーズなeSIMがおすすめです。

    eSIM
    スマホに内臓された本体一体型のSIM
    SIMカード
    スマホ本体に差し込むカード型のSIM
    SIMカードの差し替え不要
    オンラインで手続きがスムーズ
    デュアルSIMが使える
    機種変更が簡単

    古いスマホでも使える

    1回線を複数のデバイスで利用可能
    機種変更に手数料が発生する場合がある

    対応機種でなければ使えない
    申し込みから開通に時間がかかる

    カード抜き差しで紛失・破損の恐れ

    eSIMを選ぶ3つのメリット

    ①SIMカードの差し替え不要

    乗り換え手続きをするとき、物理SIMのようにカードを抜き差しする必要がありません。

    現在主流のSIMカードは12.3mm×8.8mmとかなり小さく、差し替えのときに紛失や破損、静電気によるデータ損傷のリスクがあります。

    eSIMなら紛失・破損のリスクを心配せずに乗り換えられて安心です。

    ②オンライン手続きOK!開通が早い

    申し込み手続きをWeb上で完結できるため、SIMカードよりもeSIMは早く開通できます

    物理SIMの場合、携帯ショップに行く手間や待ち時間が発生したり、SIMカードが配達されるのを待ったりしなければなりません。

    eSIMならオンライン申し込み後、早ければ1時間以内に開通できてとてもスムーズです。

    ③デュアルSIMが使える

    1回線目をeSIMで契約し、2回線目をSIMカードで契約すれば電話番号を2つ持てます

    スマホ1台でプライベート用回線と仕事用回線を使い分けられるため、スマホを複数持つ必要がありません

    また、SNSは通信料の安いeSIMでチェックし、電話は通話料の安いSIMカードで発信するなど賢く使い分ければ、月々の料金を安く抑えられます。

    iPhone13モデル以降では「eSIM×eSIM」というように、2回線ともeSIMを利用できます。

    eSIMを使う前に知っておきたいデメリット2つ

    ①機種変更に手数料がかかる場合がある

    機種変更のため新しい端末でeSIMを使えるようにするとき、eSIM再発行の手数料が発生する場合があります

    物理的なSIMカードなら旧端末から新端末にカードを差し替えるだけですが、本体一体型のeSIMは携帯会社で手続きが必要です。

    近いうちに機種変更する予定がある方や、スマホを頻繁に買い替える方は注意してください。

    携帯会社によっては無料で再発行できることもあります!

    ②eSIM対応機種でなければ使えない

    2018年発売のiPhone XR/XSシリーズ以降はeSIMが利用できますが、iPhone8やiPhone Xなど古いスマホはeSIM非対応です。

    Androidスマホも機種によってeSIMに対応していない場合があります。使用中のスマホのeSIM対応については下記手順でご確認ください。

    iPhoneの場合・「設定」から「モバイル通信」を開く
    ・「eSIMを追加」と表示があればeSIM対応端末
    Androidの場合・「設定」から「ネットワークとインターネット」を開く
    ・SIM追加メニューがあればeSIM対応端末

    SIMカードのメリットとデメリット

    スマホ本体に差し込むカード型SIMには次のメリット・デメリットがあります。

    メリットデメリット
    機種変更が簡単

    古いスマホでも使える

    1回線を複数のデバイスで利用可能
    申し込みから開通に時間がかかる

    カード抜き差しで紛失・破損の恐れ

    オンラインでの契約手続きに自信がない方や、複数のデバイスで同じ回線を使っている方は、SIMカードがいいかもしれません。基本的には、手続きがスムーズで即日乗り換え可能なeSIMがおすすめです。

    まとめ:eSIMなら乗り換えスムーズで便利!

    今回はeSIMとSIMカードの違い、それぞれのメリット・デメリットについて解説しました。

    eSIM対応端末なら、Web上で手続きが完結し最短即日乗り換えできるeSIMの利用がおすすめです。

    以下の記事ではお得な格安SIM「日本通信」について解説しているので、こちらもあわせて読んでみてください。

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    CAPTCHA

    目次